まごころサポーター

シニアと親子のお片付け窓口

代表 村瀬千秋

 

世界中から虐待やいじめをなくし明るい社会を目指すために。

茂原を中心に整理収納アドバイザーとして活動している村瀬さん。仕事始めるきっかけは母との同居で、二世帯分のものを一つにまとめるため想い入れのあるものを捨てたりする作業の中で「物とメンタルはつながっている」ことに気づいた。
「捨てることでネガティブな感情も手放すことができる。出すことで得ることができる」と話す村瀬さん。
整理収納を通して、自ら「選ぶ」「決める」「責任を持つ」などの自分で考える力を鍛えるトレーニングになります。教育の場では「思考力」「判断力」「表現力」の育成にも。
カードゲームなどもあり子供たちも学ぶことができます。
今後は整理収納の仕事だけではなく考え方などを伝えるセミナーを各地開催していく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =